誰に依頼するかが重要なポイント

安い価格で済ませたい人向け

何も補助金を使わないでリフォームを依頼した場合は、価格が高くなります。
気軽に依頼することはできないと思いますが、地元の業者に依頼すれば、補助金が出る決まりになっている地域が多いです。
補助金は、5万円から10万円です。
バリアフリーや省エネ機能を搭載する時に出る補助金に比べたら、そこまで大きな金額ではありません。

ですが、補助金が1円もない状態よりかはマシだと思います。
お金が増えれば、それだけリフォームできる部分が増えるかもしれません。
本当場リビングやトイレも一緒にリフォームしたいと思っていたのに、お金の問題で浴室しか選択することができなかった人もいます。
そんな人におすすめの制度なので、相談してください。

補助金を賢く使おう

普通のリフォームの時に出る補助金は多くても10万円なので、少ないと感じる人が多いでしょう。
ですがこの制度は、他の制度と組み合わせて使うことができる部分が魅力です。
介護をするためにバリアフリー機能を搭載しようと思っている人は、まずそれの補助金を手に入れてください。
それから、ついでに住宅の中で不便だと感じている部分もリフォームすれば良いと思います。

もらえる金額は少ないですが、上手く組み合わせる
ことで金銭的な負担を減らすことができます。
補助金をもらえれば、自由に自宅をリフォームできるので快適な生活を送れるようになります。
バリアフリー機能以外に、エコ活動をするための機能をつける際もこの制度を併用できます。


この記事をシェアする